デパスをAmazomで購入してはいけません!

デパスをAmazonで買うことはできない

デパスはAmazonでは購入できません

 

 

医師の処方箋がないと手に入らない医療用医薬品は、人体に対する作用が大きく、激しい副作用が起きる恐れがあるために、町の薬局やドラッグストアやAmazonのようなインターネット販売で手に入れることはできません

 

検索しても以下の様に関係ない物しか出てきません。

 

 

医薬品には医師の処方箋がなくては手に入らない薬品と、町のドラッグストアや薬局で買える薬品があります。
ドラッグストアで販売されている薬は、効果はあるが副作用が全身に現れるかもしれない1類とそれより副作用の少ない2類、さらに、副作用の殆どない3類に分かれています。以前は3類医薬品以外は通販で販売できませんでしたが、平成25年12月に薬事法が改正され、使用に特に注意が必要な医薬品を要指導薬品として、これは薬剤師が対面で情報提供や指導を行うこととされ、Amazonのような通販では、販売できませんが、それ以外の1類、2類、3類の医薬品は、一定の条件のもとで、Amazonで購入できます。

 

デパスはその対象外になるためAmazonでの購入は絶対にできないのです。

 

それ以外のデパス購入方法は?

 

医師の処方箋なしにデパスを医薬品個人輸入を使って手に入れる方法はありますが、現在どの医薬品個人輸入代行業においてもデパスの先発品は手に入れることができません。
同じ成分のジェネリックのみが発売されています。

 

ジェネリックを手に入れたい場合にはオオサカ堂などをはじめとした個人輸入代行サイトを使用するといいでしょう。

 

 

デパスを利用する時の注意点は、まず、服用中止を自分の判断で行わない事です。長期的な服用をする時は定期的な検診が必要です。服用中に車の運転をしたり、機械の操作を行わないようにしてください。
個人輸入で手に入るデパスのジェネリックについても副作用が起きた場合は時も責任になりますので、その点には十分注意をするようにしてください。

 

デパスはこんな薬

 

デパスは、穏やかなの心の安定薬で、不安や緊張を和らげ、気持ちを落ち着かせるお薬で、心身症や不安神経症やパニック障害を中心に自律神経失調症、うつ病や躁病、そして筋肉をほぐす作用があるので、緊張型の頭痛や肩凝りやけいれん性の病気にも使われます。しかし、副作用として、一般的な症状ではふらつきや蕁麻疹や発疹、倦怠感、注意力低下や脱力や眠気がありますし、また、依存症もあります。